野球

東大野球部に2人の甲子園球児静岡・梅林と東筑・別府 なるか「赤門旋風」

2020年04月06日更新
東大野球部に2人の甲子園球児静岡・梅林と東筑・別府 なるか「赤門旋風」
東大の井手監督(左) 東大野球部に2人の甲子園球児が入部し、東京六大学野球連盟にメンバー登録された。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年春季リーグは1試合総当たり制で開催する予定になっている。 登録された東大の1年生は次の4人。 ▽内野手 梅林浩大(静岡高・理1) =180センチ、80キロ。左投げ左打ち) 長谷川朝(沖縄尚学高・理1)=170センチ、56キロ。右投げ右打ち▽投手 三田村優希(理2・奈良学園登美ケ丘高)=172キロ、63キロ。右投げ右打ち▽外野手 別府洸太郎(理1・東筑高)=173センチ、72キロ。右投げ左打ち このうち梅林...

キーワード

  • キロ
  • 東京六大学野球連盟
  • 奈良学園
  • 沖縄尚学
  • 井手峻
  • センチ
  • 別府
  • リーグ
  • 無観客試合
  • センバツ
  • 夏の甲子園