テニス

自分用にチューニングしたら「変態ラケット」と呼ばれてしまった名物店員が語る道具選びのポイント

2019年12月25日更新
自分用にチューニングしたら「変態ラケット」と呼ばれてしまった名物店員が語る道具選びのポイント
【自分用にチューニングしたら「変態ラケット」と呼ばれてしまった名物店員が語る道具選びのポイント】ラケット、ストリング、シューズ、ウェア、、、。プレーに関わる影響の大小はあるものの、その選び方はさまざま。デザインやフィーリング、スペックやデータ、選ぶ基準も視点も百人百通りと言える。そんなギア選びのサポートをする販売員の中で、顧客の心をつかんで離さない人がいると聞いて、そのこだわりを聞いた。今回の取材は、はっきり言ってとてもマニアックな会話。多くの読者、特に始めたばかりの人は「??」と感じるだろう。しかし、彼の道具選びに関しての考え方は購入者を一番に考えたものだった。〜名物販売員のポリシー...

キーワード

  • ラケット
  • テニス
  • ストリング
  • プレー
  • 佐藤
  • スピン
  • ポリ
  • スペック
  • ポイント
  • ハイブリッド
  • ギア
  • スペース
  • ウイルソン
  • フェイス
  • ナチュラル