野球

‘’監督デビュー‘’の清原和博氏に西武時代の恩師・東尾修氏が後方支援「NPBのユニホームを着て本当の復帰ができるよう応援してやってください」

2019年11月30日更新
‘’監督デビュー‘’の清原和博氏に西武時代の恩師・東尾修氏が後方支援「NPBのユニホームを着て本当の復帰ができるよう応援してやってください」
覚せい剤取締法違反で執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博さん(52)が30日、“監督デビュー”した試合形式の「ワールドトライアウト2019」(神宮球場)内で、野球解説者の東尾修さん(69)と「トークセッション」を行った。 本塁後方で観客席に向かい軽快なトークを披露。赤基調で背番号「3」のユニホームを着用した清原さんは、司会者から着心地を問われると「やっぱり、うれしい。2000本安打が神宮球場だったので思い出がある」と語った。 東尾さんはトークセッションの最後に「(清原さんが)NPBのユニホームを着て本当の復帰をできるように応援してやってください。よろし...

キーワード

  • 清原
  • ユニホーム
  • 東尾修
  • トークセッション
  • 清原和博
  • デビュー
  • NPB
  • 2000本安打
  • 神宮球場