格闘技

【ボクシング】井上尚弥「拓真の仇を取る」ウバーリ戦を熱望、トップランク社と契約で米で対戦か

2019年11月07日更新
【ボクシング】井上尚弥「拓真の仇を取る」ウバーリ戦を熱望、トップランク社と契約で米で対戦か
優勝した井上尚弥が「拓真の仇を取る」とウバーリ戦を熱望した 11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナで行われたWBSSバンタム級決勝で、井上尚弥(26=大橋)がノニト・ドネア(36=フィリピン)を3-0の判定で破り、トーナメント優勝を果たした。試合は井上が被弾し流血するなか、打って打たれてを繰り返し、11Rに井上が左ボディブローでダウンを奪い判定で差をつけた。 試合後、井上はリング上で「ドネア選手は強かった。KOして世代交代と言って来たがこの内容ではまだまだ。もっと頑張って更に強くなった井上尚弥をお見せします」とドネア戦を振り返った。 ドネアからダウンを奪った渾身の左ボディがヒッ...

キーワード

  • 井上
  • ウバーリ
  • アメリカ
  • 井上尚弥
  • 拓真
  • ボクシング
  • ドネア
  • ダウン
  • シュガー・レイ・レナード
  • フロイド・メイウェザー
  • モハメド・アリ
  • 井岡一翔
  • 村田諒太
  • 帝拳
  • WBSS