格闘技

“人生初カット”に井上尚弥「正直ドネアが2人に見えた」試合後は弟・拓真の敵討ちを宣言

2019年11月06日更新
“人生初カット”に井上尚弥「正直ドネアが2人に見えた」試合後は弟・拓真の敵討ちを宣言
WBSSを制し、4団体のベルトを巻き、モハメド・アリトロフィーを手に喜ぶ井上尚弥 ◇7日 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝12回戦(さいたまスーパーアリーナ) IBF、WBA王者の井上尚弥(26)=大橋=はWBAスーパー王者で世界5階級制覇のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3−0の判定勝ちで頂点に立った。 「ドネア選手、めちゃくちゃ強かったです。ボクシング人生初のカットも経験しました。世代交代と言っていましたが、これではまだまだ。来年もっと強くなって帰ってきます」 かつてない精神状態での試合だった。試合...

キーワード

  • ドネア
  • 井上尚弥
  • 拓真
  • カット
  • モハメド・アリ
  • WBSS
  • ボクシング
  • バンタム級
  • IBF
  • リング
  • ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ
  • 正直ドネア
  • スーパーシリーズ
  • WBC
  • モハメド・アリトロフィー