野球

豪腕シンダーガードがバッテリー組む捕手を指名できずキャラウェイ監督と衝突メッツ、またも内部紛争

2019年09月10日更新
豪腕シンダーガードがバッテリー組む捕手を指名できずキャラウェイ監督と衝突メッツ、またも内部紛争
メッツのノア・シンダーガード メッツで、またも内紛勃発だ。 「トール(雷神)」こと豪腕ノア・シンダーガード(27)は、8日に先発したフィリーズ戦で望まないラモス捕手とのバッテリーを命じられ、激怒。キャラウェイ監督ら首脳陣と衝突した。9日の球団地元紙NYポスト(電子版)が報じた。 今季ラモスとのバッテリー時は、15試合で防御率5・09。これに対し、ニド捕手とは通算22試合で防御率2・17、リベラ捕手とは同29試合で2・52と顕著な違いがある。ただし、ラモスは今季打率3割1厘、14本塁打、71打点と3捕手の中で打力は圧倒的に高い。 キャラウェ...

キーワード

  • バッテリー
  • メッツ
  • キャラウェイ
  • ラモス
  • ノア・シンダーガード
  • 放送禁止用語
  • カブス
  • フィリーズ
  • 防御率