テニス

19歳が今季2勝目「本当に幸せ」

2019年08月12日更新
19歳が今季2勝目「本当に幸せ」
女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア)は11日、シングルス決勝が行われ、B・アンドレースク(カナダ)が3−1の時点で第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)の途中棄権により、キャリア2勝目をあげた。>>大坂らW&Sオープン対戦表<<>>大坂2回戦 1ポイント速報<<決勝戦、アンドレースクは第3ゲームでブレークに成功。第4ゲームを獲得した時点でセリーナが背中の負傷で棄権を申し入れた。19歳のアンドレースクは今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)に続き今季2勝目となった。女子プロテニス協会のWT...

キーワード

  • セリーナ
  • アンドレースク
  • ハード
  • シンシナティ
  • ロジャーズ・カップ
  • プレミア
  • アメリカ
  • キャリア
  • ゲーム
  • カナダ
  • テニス
  • インディアンウェルズ