テニス

セリーナ決勝へ産後初V王手

2019年08月11日更新
セリーナ決勝へ産後初V王手
女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア)は10日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が世界ランク91位のM・ブズコバ(チェコ)を1-6, 6-3, 6-3の逆転で破り、決勝進出を果たした。>>大坂らW&Sオープン対戦表<<>>大坂2回戦 1ポイント速報<<第1セット、セリーナは予選から勝ち上がってきたブズコバに圧倒されるも、第2セットはファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得。ファイナルセットでは1度ブレークに成功し、1時間47分の熱戦を制した。女子プロテニス協会のWTA公式サイトにはセリーナ...

キーワード

  • セリーナ
  • テニス
  • アンドレースク
  • セット
  • ロジャーズ・カップ
  • ボール
  • ランク
  • ハード
  • カナダ