ゴルフ

リズムの良さがウリの青木瀬令奈ルーティンからスイングまでよどみがない【辻にぃ見聞】

2019年07月30日更新
リズムの良さがウリの青木瀬令奈ルーティンからスイングまでよどみがない【辻にぃ見聞】
ルーティンからのよどみなさが素晴らしい!(撮影:米山聡明) 国内女子ツアーも後半戦に入り、4試合が経過。そのなかで「サマンサタバサ レディース」9位タイ、「センチュリー21レディス」2位タイに入るなど調子を上げているのが青木瀬令奈だ。前半戦はトップ入りがなかったが、ツアープロコーチの辻村明志氏は「ようやく状態が上がってきましたね」と語る。青木の強みを同氏に聞いた。 もはや前夜祭名物!?成田美寿々との宝塚ポーズ【フォトギャラリー】 ■リズムの良さが最大のウリ これが変わらないから、スイングに大崩れがない 15年に初シードを獲得してから、3年連続...

キーワード

  • 青木
  • リズム
  • スイング
  • ツアー
  • シード
  • アッパーブロー
  • シーズン
  • 成田美寿々
  • 青木瀬令奈
  • 松森彩夏
  • 永井花奈
  • パッティング
  • ストロングポイント
  • ルーティン
  • アジアツアー