野球

雄星の苦悩…自己最悪7失点大谷エ軍に3敗&防11.32

2019年07月23日更新
雄星の苦悩…自己最悪7失点大谷エ軍に3敗&防11.32
マリナーズ戦の5回、菊池(手前)から左中間に二塁打を放つエンゼルス・大谷=シアトルで(共同) ◇エンゼルス9−3マリナーズ 米大リーグは21日、各地で行われ、マリナーズの菊池雄星投手(28)はシアトルでエンゼルス戦に先発。5イニングを自己ワーストの7失点で7敗目(4勝)を喫した。花巻東高の後輩・大谷翔平選手(25)とメジャー3度目の対決は二塁打を許すなど3打数1安打、1三振だった。「3番・指名打者」でフル出場した大谷は5打数2安打。試合はエ軍が9−3で制した。 後輩との対決を楽しんでいられる状況ではなくなった。菊池が9安打を許し、6月8日のエンゼ...

キーワード

  • エンゼルス
  • マリナーズ
  • 大谷
  • 菊池
  • メジャー
  • 指名打者
  • 大谷翔平
  • 花巻東
  • シーズン
  • シアトル
  • 防御率