サッカー

燦然と輝く栄光の裏話…澤穂希は4人目のキッカーだった!?[2011年女子W杯]

2019年06月06日更新
燦然と輝く栄光の裏話…澤穂希は4人目のキッカーだった!?[2011年女子W杯]
FIFA女子ワールドカップドイツ2011のなでしこジャパン初優勝は、今も日本女サッカー界に燦然と輝き続ける金字塔だ。 「日本女子サッカーやこのチームに携わってくださった、誰かひとりの努力でも欠けていたら、優勝はなかった」 宮間あやは2011年女子W杯の大会後、“世界一”の称号をこのように表現している。FIFAの世界大会で、なでしこジャパンが男女を通じて初めてその頂点に登り詰め、その後の日本女子サッカーに大きな影響をもたらした大会だった。 控えから存在感を放ったニューヒロインたち 決勝戦のスターティングメンバー [写真]=Getty Images 2011年女子W杯に臨む...

キーワード

  • ジャパン
  • ドイツ
  • キッカー
  • イングランド
  • ターニングポイント
  • アメリカ
  • サッカー
  • 川澄
  • マーク
  • チーム
  • FIFA女子ワールドカップ
  • アジア競技大会
  • FIFAランキング
  • 佐々木則夫