格闘技

【ボクシング】11秒KO男・テテが怪我でWBSS欠場、井上尚弥との決勝対決は実現せず

2019年04月24日更新
【ボクシング】11秒KO男・テテが怪我でWBSS欠場、井上尚弥との決勝対決は実現せず
ゾラニ・テテ WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が挑むWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級準決勝で、もう一方のブロックで5階級制覇王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦予定だった11秒KO男、WBO王者ゾラニ・テテ(31=南アフリカ)の欠場がWBSSの公式サイトに掲載された。 テテの代わりにリザーブファイターとして控えていたWBA同級5位のステフォン・ヤング(30=米国)がドネアに挑む。ヤングの戦績は18勝(7KO)1敗。 テテの欠場の理由は今週月曜日に痛めた肩の怪我だという。 テテは「月曜の夜の練習で肩を痛めた。ドネアのような相手と戦...

キーワード

  • テテ
  • 井上尚弥
  • ドネア
  • ヤング
  • WBSS
  • タイトルマッチ
  • ゾラニ・テテ
  • バンタム級
  • ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ
  • スーパーシリーズ
  • WBO