サッカー

「アメリカで一番有名な日本人になる」 元J戦士・宮地元貴、アマから踏み出す新たな夢の一歩

2019年04月16日更新
「アメリカで一番有名な日本人になる」 元J戦士・宮地元貴、アマから踏み出す新たな夢の一歩
「実は今、海外挑戦に向けて準備しています」。 宮地元貴から連絡を受けたのは、1月8日のことだった。2017年8月、名古屋グランパス(J1)から松本山雅FC(当時J2)に移籍し、昨季はアスルクラロ沼津(J3)でプレー。しかしこの3チーム合計でJの公式戦に出場したのは沼津での1試合のみ。慶應大ではキャプテンを務め、意気揚々として飛び込んだプロの舞台は、彼にとってそれほど華やかなものにはなっていない。「公式記録を見れば苦しんでいる選手のように見えると思う」。宮地はすべてを事実として受け入れながら、だからこそ新たな環境でのチャレンジを自分の手で切り拓くことにした。 この3カ月...

キーワード

  • アメリカ
  • チーム
  • サッカー
  • チャタヌーガ
  • 宮地
  • プレー
  • ナッシュビル
  • ノースカロライナ
  • トライアウト
  • プロ
  • ボランチ
  • ヨーロッパ
  • リーグ
  • ステップアップ
  • ビザ