サッカー

歓喜と悲劇が最も多いのは? 欧州クラブの今季1試合平均ゴール数を比較

2019年04月06日更新
歓喜と悲劇が最も多いのは? 欧州クラブの今季1試合平均ゴール数を比較
サッカーの試合で最も重要な瞬間と言えば、ゴールが決まったときだろう。応援するチームが得点を挙げれば嬉しいし、逆に失点を許してしまえば悔しい。それは万国共通だ。 それでは、歓喜と悲劇の瞬間に最も多く立ち会えるクラブはどこなのか。今回は、2018-19シーズンの欧州5大リーグ全98クラブを対象に、最も多くのゴールが生まれているクラブを調査。各国リーグによって消化試合数が異なるため、1試合平均ゴール数を算出し比較してみた。以下、ランキング形式で紹介する。 *情報はすべて4月5日時点のもの ▼1試合あたりのゴール数が最も多いクラブトップ10 1位 バルセロナ(1試合平均3.6...

キーワード

  • ゴール
  • リーガ・エスパニョーラ
  • クラブ
  • リーグ・アン
  • ブンデスリーガ
  • リーグ
  • シーズン
  • ニース
  • アスレティック・ビルバオ
  • アトレティコ・マドリード
  • スタッド・ランス
  • レヴァークーゼン
  • リオネル・メッシ
  • アタランタ
  • セリエA