サッカー

“アジア2位”の悔しさを胸に…吉田麻也が追い求める長谷部誠とは異なるキャプテン像

2019年02月04日更新
“アジア2位”の悔しさを胸に…吉田麻也が追い求める長谷部誠とは異なるキャプテン像
序盤から思わぬ方向へと進んでいった。8年ぶり5度目のアジア王者の座を賭けた大一番。日本代表は1日、AFCアジアカップUAE2019・決勝戦でカタール代表と対戦した。試合間隔が中3日と相手より休養日が1日長い上に、スタメン全員が海外リーグを経験している日本が優位と目される中始まったゲームだったのだが……。 カタールが採ってきた5-3-2の布陣とミスマッチが起き、前線からのプレスがはまらない。後手に回った開始12分、カタールのエースFWアルモエズ・アリに華麗なバイシクル弾を決められ先制を許した。15分後の27分にはアブデルアジズ・ハティムのミドルシュートが決まって、2点目を奪われた。...

キーワード

  • チーム
  • キャプテン
  • 吉田
  • カタール
  • 長谷部
  • パフォーマンス
  • リーダー
  • アジアカップ
  • 長谷部誠
  • アジア
  • 吉田麻也
  • 元川悦子
  • 森保一
  • センターバック
  • アリ