サッカー

高校サッカー選手権「平成」に最も多くベスト8進出校を出した都道府県はどこ?

2019年01月04日更新
高校サッカー選手権「平成」に最も多くベスト8進出校を出した都道府県はどこ?
第97回全国高校サッカー選手権大会は1月3日までに3回戦の全日程を消化し、ベスト8が出揃った。全国8強に名乗りを挙げた高校は以下のとおり。 【青森】青森山田 【秋田】秋田商 【福島】尚志 【栃木】矢板中央 【千葉】流通経済大柏 【山梨】日本航空 【新潟】帝京長岡 【広島】瀬戸内 8校中7校が東日本勢となっており、「東高西低」の傾向がみてとれる。では、平成が始まって以降、全国8強に名乗りを挙げた高校が最も多い都道府県はどこだろうか。今回は、平成最初の大会となった1990年の第69回大会から今大会まで、全29大会のベスト8進出校を調査。以下、ランキング形式で紹介する。 ※カッコ内は主...

キーワード

  • ベスト
  • サッカー
  • 大柏
  • 流通経済大柏
  • 山梨学院大付
  • 大谷室蘭
  • 静岡学園
  • 高川学園
  • 帝京長岡
  • 徳島商
  • 日章学園
  • 市立船橋
  • 東海大仰星
  • 奈良育英
  • 立正大淞南