格闘技

【ボクシング】”モンスター”井上尚弥も安堵。弟・拓真が完勝で暫定王座獲得

2018年12月30日更新
【ボクシング】”モンスター”井上尚弥も安堵。弟・拓真が完勝で暫定王座獲得
井上拓真が暫定王者に 12月30日(日)に東京・大田区体育館で行われたトリプル世界戦でのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦で、井上拓真(23=大橋、同級5位)がペッチ・CPフレッシュマート(25=タイ、本名タサーナ・サラパット、同2位)を3-0の判定で破り、暫定王座を手にした。 世界三階級制覇を成し遂げ現在WBAバンタム級王者に君臨する“モンスター”井上尚弥の弟である拓真は、元OPBF(東洋太平洋)スーパーフライ級王者。2年前にバンタム級で世界挑戦が決まっていたが、拳の負傷で挑戦を見送った過去がある。 対するペッチは48戦全勝(33KO)と、12戦全勝(3KO)の拓真の4倍の戦績を持...

キーワード

  • 拓真
  • ペッチ
  • ストレート
  • サウスポー
  • 井上尚弥
  • パンチ
  • ジャブ
  • 大田区体育館
  • 東洋太平洋
  • 暫定王座
  • OPBF
  • コンビネーション
  • ダイヤモンド
  • スイッチ
  • ボディ