テニス

大坂なおみの番狂わせが3位

2018年11月22日更新
大坂なおみの番狂わせが3位
女子テニス協会のWTAは21日に公式サイトで、2018年の番狂わせの試合を紹介。第3位には、大坂なおみが元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を下して日本人初の四大大会優勝を飾った全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝がランクインした。2018年最後のグランドスラム決勝は、女子プロテニス界のレジェンドとも言えるセリーナと、有望視された大坂の対戦という興味深いものになった。それは、23度のグランドスラム優勝を誇り出産とそれに伴う病を乗り越えて復活途中にいるセリーナと、初めてのグランドスラムの決勝の舞台に立つ高い才能を評価された未来のスターである大坂の激...

キーワード

  • グランドスラム
  • セリーナ
  • 大坂
  • オープン
  • ハード
  • テニス
  • サービス
  • アメリカ
  • ランク
  • プレミア・マンダトリー
  • 女子テニス協会
  • ダニエル太郎
  • WTA
  • 錦織圭
  • シーズン