スケート

[フィギュア]宇野昌磨が逆転連覇失敗したSPの悔しさぶつけた

2018年10月29日更新
[フィギュア]宇野昌磨が逆転連覇失敗したSPの悔しさぶつけた
2連覇を果たした宇野昌磨のフリー演技=ラバルで(共同) ◇GPシリーズ<第2戦>スケートカナダ ▽27日▽ラバル▽男女フリー▽ペン 辛仁夏 男子はショートプログラム(SP)2位だった平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車、中京大=が188・38点の1位となり、合計277・25点で大会連覇を飾った。GP通算4勝目。女子はGPデビュー戦でSP3位の山下真瑚(15)=愛知・中京大中京高=が136・76点で2位となり、合計203・06点で銀メダルを獲得した。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が優勝。平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージ...

キーワード

  • フリー
  • デビュー
  • ジャンプ
  • 宇野昌磨
  • ロシア
  • スケートカナダ
  • トーループ
  • サルコー
  • 三原舞依
  • トリプルアクセル
  • 中京大
  • 山下
  • ベスト
  • 宇野
  • ラバル