野球

大谷、二刀流復活3回途中2失点で降板 痛烈打球に手が出た!

2018年09月03日更新
大谷、二刀流復活3回途中2失点で降板 痛烈打球に手が出た!
◇アストロズ4−2エンゼルス アストロズ戦で復帰登板したエンゼルスの大谷=ヒューストンで(社英夫撮影) 【ヒューストン小林信行】米大リーグは2日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が当地のアストロズ戦に先発として右肘故障から6月6日以来のメジャー登板を果たし、2イニング1/3を投げて1本塁打を含む2安打2失点、2三振2四球で2敗目(4勝)を喫した。田沢純一投手(32)はエンゼルス移籍後初登板し、1イニングを1失点。ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(34)は、ドジャース戦で1イニングを投げ無失点だった。 普段は沈着冷静な青年が、戸惑いを隠...

キーワード

  • エンゼルス
  • 大谷
  • アストロズ
  • イニング
  • キロ
  • ダイヤモンドバックス
  • 平野佳寿
  • 田沢純一
  • 大谷翔平
  • スプリンガー
  • ヒューストン
  • ヤフースポーツ
  • マウンド
  • ホワイトソックス
  • ベンチ