サッカー

なでしこジャパン、宿敵韓国に競り勝つ! 2大会ぶりの頂点目指し決勝戦へ

2018年08月28日更新
なでしこジャパン、宿敵韓国に競り勝つ! 2大会ぶりの頂点目指し決勝戦へ
第18回アジア競技大会の準決勝が28日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)が韓国女子代表を2-1で下した。 最初に試合を動かしたのはなでしこジャパンだった。5分、敵陣左サイド浅い位置から相手ディフェンスラインにボールが出ると、抜け出した菅澤優衣香が右足アウトサイドで流し込み、先制点を奪った。 韓国がイ・ヒョニョンの負傷により早くも交代カードを一枚使い、このままなでしこジャパンが試合を優位に進めるかと思われたが、14分にゴールバー直撃のシュートを放たれ、20分には清水梨紗のスーパープレーがあったものの決定的なチャンスを作られるなど、厳しい時間帯が続いた。 後半に入ってもな...

キーワード

  • ジャパン
  • イム・ソンジュ
  • 菅澤優衣香
  • イ・ミナ
  • ボール
  • チ・ソヨン
  • 山下杏也加
  • 三宅史織
  • 有吉佐織
  • 中島依美
  • 鮫島彩
  • サイド
  • 岩渕真奈
  • アジア競技大会
  • 長谷川唯