サッカー

なでしこ、アジア大会臨む18選手が決定…国内組のみ、籾木結花が「10」

2018年08月03日更新
なでしこ、アジア大会臨む18選手が決定…国内組のみ、籾木結花が「10」
日本サッカー協会(JFA)は3日、第18回アジア競技大会に臨む日本女子代表(なでしこジャパン)メンバー18名を発表した。 「2018 Tournament of Nations」を終えたばかりのなでしこジャパン。同大会のメンバーからは、FW川澄奈穂美やMF三浦成美らが外れた。国内組のみのメンバー構成となっており、DF鮫島彩やFW岩渕真奈といった面々は継続して招集されている。アジア大会には11カ国が出場し、3グループに分かれてグループリーグを戦う(上位2チームがノックアウトステージ進出)。なでしこジャパンはグループC。16日にタイ女子代表と、21日にベトナム女子代表と対戦予定だ。 ...

キーワード

  • ベレーザ
  • 日テレ
  • ジャパン
  • レオネッサ
  • メンバー
  • レディース
  • アルビレックス新潟レディース
  • AC長野パルセイロ・レディース
  • ノジマステラ神奈川相模原
  • ベガルタ仙台レディース
  • INAC神戸レオネッサ
  • アジア競技大会
  • 山下杏也加
  • 菅澤優衣香
  • 川澄奈穂美