サッカー

日本代表の監督はどうなる? Jリーグで実績を残した“外国籍監督”たち

2018年07月23日更新
日本代表の監督はどうなる? Jリーグで実績を残した“外国籍監督”たち
ロシア・ワールドカップで日本代表をベスト16に導いた西野朗監督が退任した。日本人監督が結果を出したことで、新監督に日本人を望む声が高まっているが、「日本人のことを熟知する監督」という点では国籍は関係ない。Jリーグで実績がある監督であれば、外国籍であっても「日本人のことを熟知する監督」という条件に当てはまるのではないか。これまでJリーグで結果を残してきた外国籍監督たちを紹介する。 ■ミハイロ・ペトロヴィッチ(60歳/Jリーグ経験13年) [写真]=Getty Images 2006シーズンの途中に、降格圏の15位に低迷していたサンフレッチェ広島の監督に就任。出番のなかった青山敏弘や...

キーワード

  • シーズン
  • リーグ
  • ステージ
  • タイトル
  • リーグカップ
  • フジゼロックススーパーカップ
  • クラブ
  • パーセント
  • スルガ銀行チャンピオンシップ
  • オズワルド・オリヴェイラ
  • ミハイロ・ペトロヴィッチ
  • レアンドロ・ドミンゲス
  • ジョルジ・ワグネル
  • スルガ銀行
  • 森脇良太