サッカー

王者の惨敗、開催国の意地、VAR、追放、賭け、乱入…ロシアW杯で起きた16の出来事

2018年07月17日更新
王者の惨敗、開催国の意地、VAR、追放、賭け、乱入…ロシアW杯で起きた16の出来事
16日、4年に1度の祭典が幕を閉じた。6月に開幕した2018 FIFA ワールドカップ ロシア。今大会も約1カ月に渡る戦いの最中で様々なドラマが誕生した。そこで、覚えておきたいロシアW杯で起きた16の出来事をおさらいする。 写真=ゲッティイメージズ ■主役が見せた貫禄のハットトリック 大会2日目、ヨーロッパ王者のポルトガル代表が登場。初戦で実現したスペイン代表とのビッグマッチでは、クリスティアーノ・ロナウドが格の違いを見せつけた。開始4分に自らが獲得したPKを冷静に決めて、早くも今大会初ゴールをマーク。同点とされた44分には左足で強烈なシュートをねじ込み2点目を記録。極め付きは2...

キーワード

  • ゴール
  • フランス
  • グループステージ
  • イングランド
  • トーナメント
  • コロンビア
  • クロアチア
  • ワールドカップ
  • ロシア
  • アルゼンチン
  • ベルギー
  • セネガル
  • スウェーデン
  • グループ
  • メッシ