テニス

錦織 ジョコに屈し準々決勝敗退

2018年07月11日更新
錦織 ジョコに屈し準々決勝敗退
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、男子シングルス準々決勝が行われ、第24シードの錦織圭は第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 6-3, 2-6, 2-6で敗れ、惜しくも初のベスト4進出とはならなかった。もしジョコビッチに勝利していた場合、日本人男子では1933年の佐藤次郎以来85年ぶりの4強入りだった。>>ウィンブルドン対戦表<<センターコートで行われたこの試合、序盤から両者激しいラリー戦の中、錦織はミスを重ねて第4ゲームでブレークを許すも、続く第5ゲームでは最後ジョコビッチのダブルフォルトでブレークバック。しかし、ウィンブルドン...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • 錦織圭
  • ゲーム
  • 錦織
  • ムチュア・マドリッド・オープン
  • セット
  • オープン
  • シード
  • ウィンブルドン
  • ツアー・ファイナル
  • ブレーク
  • イタリア
  • ミス
  • ATPツアー・ファイナル
  • ダブルフォルト