サッカー

部活に成績をつけるからサッカーが嫌になる。楽しんで続けられ、日本が強くなる「最強の強化方法」とは

2018年06月18日更新
部活に成績をつけるからサッカーが嫌になる。楽しんで続けられ、日本が強くなる「最強の強化方法」とは
前編ではFIFAランキングと競技者人口の相関について、データを元に話してくれた幸野さん。FIFAランキング1位のドイツは20%を超えるサッカー人口がおり、サッカーが生活の一部になっている人が多いことがわかります。後編では楽しんで長く続けるために、日本はどう変わっていけばいいかお話を伺いました。 (取材・文:鈴木智之) ■年齢が進むにつれて競技人口が減る日本の問題点 「日本の競技者人口の推移を見ると、ジュニア年代での登録選手数が一番多く、年齢が上がるに連れて減ってきます。つまり、きれいな円錐形になるわけです。しかし、ドイツはジュニア年代にサッカーを始めた人が、年齢を経ても辞めずに自分...

キーワード

  • サッカー
  • スポーツ
  • チーム
  • プレー
  • グラウンド
  • ランキング
  • ドイツ
  • ジュニア
  • トレーニング
  • アーセナルサッカースクール
  • 幸野
  • リーグ
  • クアドラード
  • ポドルスキ
  • サッカーコンサルタント