サッカー

【2010年 南アフリカW杯】史上初のアフリカ開催…ブブゼラの勇壮な音色の中、スペインが初の栄冠

2018年06月10日更新
【2010年 南アフリカW杯】史上初のアフリカ開催…ブブゼラの勇壮な音色の中、スペインが初の栄冠
史上初のアフリカ大陸開催となった2010年大会は、「開催国はグループステージを突破する」、「欧州勢はヨーロッパ大陸以外の開催地で優勝できない」といった様々な定説が破られる大会となった。それを象徴するかのように、「初戦で敗れたチームは優勝できない」というジンクスを打ち破ったスペインがトーナメントを制覇。突き詰めてきたポゼッションサッカーがついに花開き、ポルトガルやドイツ、オランダを下して頂点へと駆け上がった。その他ではウルグアイが40年ぶりのベスト4進出を果たして古豪復活をアピール。2大会連続2度目の出場となったガーナもベスト8に躍進した。日本と韓国のアジア勢は自国開催以外では初の決...

キーワード

  • オランダ
  • スペイン
  • ドイツ
  • ウルグアイ
  • トーナメント
  • パラグアイ
  • デンマーク
  • ガーナ
  • カメルーン
  • 本田圭佑
  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • 遠藤保仁
  • ポルトガル
  • イングランド