野球

大谷、マメ悪化 4イニング1失点 5勝目ならず会見もなし

2018年06月07日更新
大谷、マメ悪化 4イニング1失点 5勝目ならず会見もなし
ロイヤルズ戦のマウンドで手を見つめる大谷=アナハイムで(社英夫撮影) ◇エンゼルス4−3ロイヤルズ 【アナハイム小林信行】米大リーグは6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)はロイヤルズ戦に先発登板し、4イニングを4安打1失点で勝敗は付かなかった。右手中指のマメのために63球で緊急降板し、5勝目はならず。チームは4−3で勝ち、4連勝とした。また、ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(34)はジャイアンツ戦で4−2の7回に登板し、1イニングを1安打無失点だった。 本拠地がざわついた。捕手マルドナドの合図を受けて、三塁側ベンチからソーシア監...

キーワード

  • イニング
  • 大谷
  • マウンド
  • ロイヤルズ
  • マメ
  • ダイヤモンドバックス
  • 平野佳寿
  • 大谷翔平
  • ソーシア
  • エンゼルス
  • アナハイム
  • ベンチ
  • レッドソックス