ゴルフ

【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】層の厚さ実現のためにも興行としてのツアーの成功が必須

2018年06月06日更新
【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】層の厚さ実現のためにも興行としてのツアーの成功が必須
大山志保のように40代でも活躍できるようなツアーに(撮影:上山敬太) ゴルフの奥深さ。先週末の日本の男女両ツアーは、それをしみじみ感じさせる結果となった。 女子の「ヨネックスレディス」は、満身創痍ながら大山志保が41歳で2年ぶりの復活優勝を飾った。男子の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」は、アジアンツアーでじっくりと経験を積んだ36歳の市原弘大の初優勝だった。大山の涙からは、何度も何度も選手生命すら危ぶまれるような故障を乗り越え、日米で戦い続けた日々が垣間見られた。ビッグタイトルにも最後までいつものスマイルのままの市原は、優勝インタビュー...

キーワード

  • ゴルフ
  • ツアー
  • ファン
  • ジュニア
  • プロ
  • プロスポーツ
  • スポンサー
  • 市原
  • 生涯スポーツ
  • 谷口徹
  • スポーツ
  • 小川淳子
  • 大山志保