サッカー

長友がガラタサライで優勝、欧州リーグで優勝経験のある日本人ってどのくらいいる?

2018年05月21日更新
長友がガラタサライで優勝、欧州リーグで優勝経験のある日本人ってどのくらいいる?
5月19日、トルコ1部のスュペル・リグが最終節を迎え、長友佑都が所属するガラタサライが勝利を飾り、2015年以来となるリーグ制覇を成し遂げた。今年1月に加入した長友にとっては、自身初となる念願のリーグ・タイトル獲得となった。 奥寺康彦以降、30年以上遠ざかっていた海外での日本人選手のリーグ優勝は、ゼロ年代以降の日本人選手たちの相次ぐヨーロッパへの進出に伴って増加し、近年ではほぼ毎シーズン終盤、どこかの国で日本人がシャーレやトロフィーを掲げている。 リーグの規模やレベルもまちまちで、MVP級の活躍を見せて優勝に貢献した例もあれば、出場機会に恵まれなかった例まである、だが、彼ら一人...

キーワード

  • ゴール
  • リーグ
  • シーズン
  • ブンデスリーガ
  • ザルツブルク
  • プレミアリーグ
  • クラブ
  • オーストリア
  • ドイツ
  • ドルトムント
  • セルティック
  • 南野拓実
  • 中村俊輔
  • スコットランド
  • イングランド