サッカー

柴崎岳、今季初のフル出場…決勝ゴール演出でヘタフェを勝利に導く

2018年05月06日更新
柴崎岳、今季初のフル出場…決勝ゴール演出でヘタフェを勝利に導く
リーガ・エスパニョーラ第36節が6日に行われ、ラス・パルマスと日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェが対戦した。柴崎は5試合ぶりに先発に名を連ねた。 前半はラス・パルマスのペースで試合が進み、ヘタフェはなかなかチャンスを作ることができないままハーフタイムを迎えた。 後半に入るとヘタフェが相手ゴールに迫る場面が増える。76分にはカウンターを仕掛けると、左からの折り返しにゴール前のホルヘ・モリーナがダイレクトで合わせたが、惜しくもゴール右に逸れた。直後の77分にはGKのパントキック1本でディフェンスラインの裏に抜け出したアンヘル・ロドリゲスが右足で狙ったが、シュートはクロスバーを直撃...

キーワード

  • ヘタフェ
  • ゴール
  • ラス・パルマス
  • 柴崎
  • アトレティコ・マドリード
  • 乾貴士
  • アンヘル・ロドリゲス
  • アンヘル
  • ホルヘ・モリーナ
  • パントキック
  • リーガ・エスパニョーラ
  • ボール
  • 柴崎岳
  • フル