サッカー

【コラム】バルサ新時代へ“ほぼ完璧”な移行期

2018年04月23日更新
【コラム】バルサ新時代へ“ほぼ完璧”な移行期
“世界最強のトリデンテ”の崩壊、宿敵に喫した屈辱的大敗、新星の長期離脱、独立運動を巡る争い、卑劣なテロリズム……。2017-18シーズンがスタートした頃、バルセロナというクラブ、そして街は、黒く暗い雲に覆われていた。―しかし、決して“闇”に支配されることはなかった。変わらず違いを見せるエース、復活を遂げた主将、そして、謙虚で柔軟な新指揮官という“光”に導かれ、バルサは新しい時代を迎えようとしている。 文=工藤拓 写真=ゲッティ イメージズ [ワールドサッカーキング 2018年5月号] 混迷を極めた17-18シーズンの船出 「来シーズンは我慢の1年になる」 ラ・リーガではレアル・マド...

キーワード

  • シーズン
  • バルサ
  • チーム
  • クラブ
  • ネイマール
  • バルベルデ
  • メッシ
  • プレー
  • デンベレ
  • サイド
  • アトレティコ・マドリード
  • システム
  • ゴール
  • コウチーニョ
  • ラ・リーガ