サッカー

確かな手応えを胸に秘め…矢板中央が“日本一”に挑む

2018年04月23日更新
確かな手応えを胸に秘め…矢板中央が“日本一”に挑む
「勝負の年だと思っている。彼らがどう伸びるか」。4月中旬のトレーニング、矢板中央の高橋健二監督は選手たちの姿を見ながら、そう口にした。2017年度の選手権では2009年以来となる全国4強入り。指揮官にとって2度目の全国準決勝は流経大柏(千葉)に0-1で敗れたものの、「前回よりも指導者として伝えることはできる」と感じたという。代替わりした今年は、新主将のCB白井陽貴やSB後藤裕二、MF飯島翼、FW望月謙、FW板橋幸大ら全国4強をピッチで体感した選手9人を残す期待の世代。選手、コーチングスタッフの経験値と積み上げてきたものを活かし、日本一に挑戦する。 2月の県新人戦は決勝を4-0で制...

キーワード

  • スパイク
  • プレー
  • ボール
  • チーム
  • フィット
  • ボールタッチ
  • サポート
  • プリンスリーグ
  • サッカー
  • ミズノ
  • ステッチ
  • ウォッシャブルカンガルー
  • シュート
  • ドリブル
  • カラー