サッカー

“突破率0%”を乗り越えて…苦難の末につかんだ世界への挑戦状 ~第2回 ハリルジャパン3年の歩み(全3回)~

2018年04月12日更新
“突破率0%”を乗り越えて…苦難の末につかんだ世界への挑戦状 ~第2回 ハリルジャパン3年の歩み(全3回)~
激動の1年の始まりだった。2016年9月、ロシアW杯アジア最終予選が開幕。日本代表は初戦のUAE戦を落とし、窮地に立たされた。“突破率0%”――、6大会連続のワールドカップ出場へ、前例を覆さなければならなかった。 それでも、ハリルジャパンが下を向くことはなかった。中東勢とのアウェイ戦、宿敵との運命の一戦……、数々の試練を乗り越え、ワールドカップの出場権を手にした。本戦前最後のテストマッチ(ガーナ戦)まで、あと48日。アジア最終予選、1年間の激闘を振り返る。 2016年6月 ロシアW杯アジア最終予選前の試合を勝利で飾れず アジア最終予選前最後の強化試合を勝利で飾ることはできなかった...

キーワード

  • アジア
  • ロシア
  • ホーム
  • ワールドカップ
  • アウェイ
  • ハリルジャパン
  • オーストラリア
  • ゴール
  • スタート
  • ドロー
  • イラク
  • サウジアラビア
  • スタジアム
  • 直接フリーキック
  • 井手口陽介