サッカー

なでしこ、苦い経験を最高の結果にするアジア杯に…急務は守備安定 上位5カ国がW杯出場権獲得

2018年04月06日更新
なでしこ、苦い経験を最高の結果にするアジア杯に…急務は守備安定 上位5カ国がW杯出場権獲得
なでしこジャパンは4月6日に開幕する、AFC女子アジアカップヨルダン2018に臨む。同大会の上位5位チームには、FIFA女子ワールドカップフランス2019への出場権が与えられるため、なでしこジャパンはオーストラリア、韓国、ベトナムと同組のグループBで、まずはグループ2位以内に入ってW杯出場を確定させ、大会2連覇を目指す。 4年前のAFC女子アジアカップベトナム2014に、若手選手を多く加えて臨んだなでしこジャパンは、宇津木瑠美(当時モンペリエHSC/フランス)、中島依美(INAC神戸レオネッサ)らが中核となって出場した。その中で初のアジアカップ制覇を経験しながら、宇津木は翌年のF...

キーワード

  • ジャパン
  • アジア
  • チーム
  • グループ
  • ヨルダン
  • 日テレ
  • FIFA女子ワールドカップ
  • オリンピック・リヨン
  • AFC女子アジアカップ
  • アルガルベカップ
  • モンペリエHSC
  • 国際Aマッチ
  • 宇津木瑠美
  • 中島依美
  • 有吉佐織