野球

大谷、4試合ぶりヒット 左腕から初 超異例デビュー前にスポイラ表紙

2018年03月21日更新
大谷、4試合ぶりヒット 左腕から初 超異例デビュー前にスポイラ表紙
ダイヤモンドバックス戦の6回、中前打を放つエンゼルスの大谷=テンピで(社英夫撮影) ◇オープン戦 エンゼルス6−5ダイヤモンドバックス 【テンピ(米アリゾナ州)小林信行】大リーグは20日、各地でオープン戦が行われ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)がダイヤモンドバックス戦に「8番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打だった。4試合ぶりの安打で左腕からは初。また、ドジャースの前田健太投手(29)はアスレチックス戦に先発し5イニング0/3を3安打1失点、3三振で2勝目を挙げた。 待望の1本は6回だ。大谷が、同い年の1A左腕にカウント2−2と追い込まれた...

キーワード

  • 大谷
  • ダイヤモンドバックス
  • エンゼルス
  • メジャー
  • スイング
  • 前田健太
  • 大谷翔平
  • 指名打者
  • デビュー
  • テンピ
  • ヒット
  • ドジャース
  • キロ
  • スポーツイラストレーテッド
  • ヤンキース