サッカー

首位バルサとレアル、18戦で勝ち点差「16」に…現地紙指摘の16要因とは?

2018年01月12日更新
首位バルサとレアル、18戦で勝ち点差「16」に…現地紙指摘の16要因とは?
7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節でセルタと対戦し、2-2の引き分けに終わったレアル・マドリード。勝利を逃した結果、首位バルセロナとの勝ち点差は「16」に開いた。シーズン折り返しを前にして、両雄の差はなぜ大きく広がったのか。9日付のスペイン紙『マルカ』が勝ち点差「16」にちなみ、16個の要因を挙げている。 (1)テア・シュテーゲン vs ナバス バルセロナのドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは毎試合のようにスーパーセーブを披露。今や「世界屈指のGK」との評価を確立した。一方、レアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスは常に実力を疑問視され、加入...

キーワード

  • レアル・マドリード
  • バルセロナ
  • スペイン
  • シーズン
  • チーム
  • リーガ・エスパニョーラ
  • ゴール
  • パフォーマンス
  • ロナウド
  • ブラジル
  • フランス
  • ジダン
  • アシスト
  • セルタ
  • レアル