サッカー

【J1昇格プレーオフ決勝 プレビュー】“プレーオフ仕様”で運命の一戦へ…風間グランパスは決勝も勝負に徹し続ける

2017年12月02日更新
【J1昇格プレーオフ決勝 プレビュー】“プレーオフ仕様”で運命の一戦へ…風間グランパスは決勝も勝負に徹し続ける
おそらく彼らはなりふり構わずJ1昇格を奪いにいくのだろう。J1昇格プレーオフ準決勝のジェフユナイテッド市原・千葉戦で見せた名古屋グランパスの戦いぶりを見れば、そう考えるのが自然だ。徹頭徹尾、パスをつないで相手をはがし、ボールを保持して相手陣内で試合を進めることを唯一絶対の“任務”としてきたチームが、千葉のプレスをいなすためにロングフィードを活用して試合の主導権を握った。アビスパ福岡に対してはどのような策を採るのかは分からないが、柔軟なスタイルであるがゆえに意固地にも見えることがあった風間グランパスは決戦を前にして、勝負重視の姿勢も見せるようになっているのである。 これは一つの驚き...

キーワード

  • プレーオフ
  • チーム
  • パス
  • リーグ
  • ボール
  • ジェフユナイテッド市原・千葉
  • 宮原和也
  • J1昇格プレーオフ
  • グランパス
  • スタイル
  • 風間
  • 風間グランパス
  • 武田洋平
  • ロングフィード
  • 風間八宏