サッカー

欧州と南米でプレーオフ? W杯大陸間POで起こった5つのトリビアを紹介

2017年11月07日更新
欧州と南米でプレーオフ? W杯大陸間POで起こった5つのトリビアを紹介
2018 FIFAワールドカップ ロシアの本戦出場をかけて、各国が大陸間プレーオフを戦う。イギリスメディア『BITEDGE』が、これまで世界中の大陸間プレーオフで起こった“トリビア”をまとめている。 ■もっとも点差が離れた試合 1978年当時、欧州と南米のプレーオフが開催されていたという。ハンガリーがボリビアを9-2で下し、もっとも両チームの得点が離れた試合として記録された。次に点差がついた試合は、2014年のW杯ブラジル大会のプレーオフだ。メキシコがニュージーランド相手に9-3で勝利を手にした。 ■本大会でもっとも成功したチーム これまでプレーオフを突破した代表チームの中で、もっ...

キーワード

  • プレーオフ
  • チーム
  • チリ
  • トリビア
  • ゴール
  • セカンド
  • 無人