テニス

ラオニッチ 5年ぶりTOP20転落

2017年11月07日更新
ラオニッチ 5年ぶりTOP20転落
男子テニスの11月6日付ATP世界ランキングが発表され、760ポイント失ったM・ラオニッチ(カナダ)は前回から12下げ、24位へ後退。2012年8月以来 約5年ぶりにトップ20から転落した。ラオニッチは昨年のATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)でベスト4へ進出し、世界ランキングで3位を記録。今年は8月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を欠場、9月の楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)2回戦で途中棄権するなどけがに悩まされ、ツアーから離れている。11月6日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。※[]内は前回のランキン...

キーワード

  • ポイント
  • ランキング
  • ラオニッチ
  • ハード
  • ベルディヒ
  • ジョコビッチ
  • 錦織圭
  • オープン
  • フェデラー
  • 全米オープン
  • ミュラー