テニス

錦織と杉田は世界ランク後退

2017年11月06日更新
錦織と杉田は世界ランク後退
男子テニスの11月6日付ATP世界ランキングが発表され、前回から290ポイント失った錦織圭は2つ下げて22位へ後退。杉田祐一は2つ下げて40位となった。前週のAPIS キャンベラ国際(オーストラリア/キャンベラ、ハード、ATPチャレンジャー)で準優勝を飾ったダニエル太郎は、前回から12上げて96位へ浮上し、再びトップ100入りした。11月6日付の日本勢男子ATP世界ランキングは以下の通り。※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント■22位[ -2 ]…錦織圭1,885ポイント(2,175ポイント)■40位[ -2 ]…杉田祐一1,219ポイント(1,219ポイント)...

キーワード

  • ポイント
  • ランキング
  • ダニエル太郎
  • 伊藤竜馬
  • 杉田祐一
  • 添田豪
  • 錦織圭
  • キャンベラ