テニス

マレー ジョコ 錦織が後退

2017年11月06日更新
マレー ジョコ 錦織が後退
男子テニスの11月6日付ATP世界ランキングが発表され、A・マレー(英国)とN・ジョコビッチ(セルビア)がトップ10から転落。昨年に圧倒的な強さを見せていたマレーは16位、ジョコビッチは12位へ後退し2桁台となった。また、マレーと同様にM・ラオニッチ(カナダ)も大きくランキングを落とし、前回から12下げて24位となった。錦織圭は2つ下げて22位。11月6日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント■1位[ - ]…R・ナダル(スペイン)10,645ポイント(10,465ポイント)■2位[ - ]…R・フェデラー(スイス)9,...

キーワード

  • ポイント
  • ランキング
  • マレー
  • ベルディヒ
  • ジョコビッチ
  • 錦織圭
  • フェデラー
  • ミュラー