野球

巨人・小林は最も後逸しない捕手 千賀のお化けフォーク、WBCを糧に磨いた守備力

2017年10月30日更新
巨人・小林は最も後逸しない捕手 千賀のお化けフォーク、WBCを糧に磨いた守備力
WBCで千賀とバッテリーを組んだ小林(左) 試合前、ホームベースを触り集中する小林 今年1年、巨人はバッテリーのミスが少なかった。チーム投手成績を見ると、143試合で暴投(ワイルドピッチ)は12球団最少のわずか25(捕手・小林の時は22)。菅野、マイコラスはじめ、投手の制球が良かったこともあるが、私は捕手の小林が体を張ってワンバウンドの球を必死に止めたことも大きかったと思っている。 小林は今季、137試合でマスクをかぶって捕逸(パスボール)も2つだけ。130試合以上マスクをかぶって捕逸2は、92年のヤクルト古田以来25年ぶりだっ...

キーワード

  • 小林
  • ワンバウンド
  • バッテリー
  • 千賀
  • フォーク
  • マスク
  • チーム
  • 村田善則
  • 森昌彦
  • 捕逸
  • バッテリーコーチ
  • ジャパン
  • シーズン
  • ソフトバンク・
  • リーグ