野球

清宮熱望「育てる球団」なぜ 広島とハム“面談パス”の裏側

2017年10月03日更新
清宮熱望「育てる球団」なぜ 広島とハム“面談パス”の裏側
すでにプロ志望届を提出した早実の清宮幸太郎内野手(3年)は、「自分を本当に厳しく指導していただいて、成長させていただける球団に行きたい」と話している。 2日、都内で行われた本人及び、清宮の父親でラグビーのヤマハ発動機で監督を務める克幸氏との面談にはプロ10球団が駆け付け、看板選手の育成データや練習施設などを説明。本人が重視する育成面の充実を盛んに訴えたものの、プロ球団で「育成」に最も実績も定評もある2球団がなぜか面談をパスした。昨年の日本シリーズを戦った広島と日本ハムだ。 広島は丸、菊池、鈴木といった生え抜きを中心にセ・リーグ2連覇。日本ハムも「ドラフトと育成」を球団の基本方針...

キーワード

  • 清宮
  • 日本ハム
  • プロ
  • パス
  • プロ志望届
  • 松田元
  • ヤマハ発動機
  • 松井秀喜
  • ドラフト