野球

巨人-広島戦が最も多い/NPB10万号アラカルト

2017年09月29日更新
巨人-広島戦が最も多い/NPB10万号アラカルト
6回表、2点本塁打を放ち本塁を確実に踏むマレーロ(撮影・江口和貴) オリックスのクリス・マレーロ外野手(29)が、29日のロッテ戦で放った今季19号2ランでプロ野球通算本塁打が10万号に到達した。<NPB10万号アラカルト> ◆シーズン最多 個人が13年バレンティン(ヤクルト)の60本で、チームは04年巨人の259本。プロ野球全体では80年の2045本が最も多く、2000本以上出たのは80年だけ。 ◆1日、1試合最多 1日で最も本塁打が多く出たのが64年6月7日。ダブルヘッダーを含む12試合で36本記録した。1試合最多は49年4月26日大映-巨人戦と80年10月3日...

キーワード

  • サヨナラ
  • 西武
  • パ・リーグ
  • 阪急
  • ロッテ
  • 満塁本塁打
  • 谷繁元信
  • 東尾修
  • 江藤智
  • 中村剛也
  • 金田正一
  • 鈴木啓示
  • 大谷翔平
  • リーグ
  • 清原和博