野球

鈴木啓示が最多560被本塁打/10万号アラカルト

2017年09月29日更新
鈴木啓示が最多560被本塁打/10万号アラカルト
近鉄の鈴木啓示(1985年4月6日撮影) オリックス・マレーロ外野手(29)が29日、プロ野球通算10万号のメモリアル弾を放った。◆10万号アラカルト◆ ◇年齢 最年長本塁打は57年8月18日岩本義行(東映)が阪急戦で記録した48歳4カ月。最年少本塁打は投手の金田正一(国鉄)が50年10月6日の西日本戦で記録した17歳2カ月。10、20、30、40代の各年代すべてで本塁打を打ったのは王貞治(巨人)谷繁元信(中日)ら7人いる。 ◇満塁 満塁1号は36年9月23日岩田次男(名古屋)。1リーグ時代82本、セ・リーグ1097本、パ・リーグ1108本の合計2287本。個人では...

キーワード

  • サヨナラ
  • 鈴木啓示
  • 西武
  • 阪急
  • 満塁本塁打
  • 谷繁元信
  • 江藤智
  • 東尾修
  • 金田正一
  • 中村剛也
  • 大谷翔平
  • リーグ
  • 清原和博
  • 山田久志
  • 小久保裕紀