サッカー

【コラム】数字で見るリーガ・エスパニョーラ…経済格差縮小が優勝争いを面白くする?

2017年09月29日更新
【コラム】数字で見るリーガ・エスパニョーラ…経済格差縮小が優勝争いを面白くする?
リーガ・エスパニョーラを今も昔も牛耳っているのは、レアル・マドリードとバルセロナであることに疑いの余地はない。近年はこの2チームが国内タイトルだけでなく、チャンピオンズリーグのタイトルさえも毎シーズン争っている。今シーズンもこの2チームを中心にリーガが動き、そして欧州王座を懸けた戦いでもメインキャストを張ることになるだろう。バルセロナとレアル・マドリードが絶対的な存在であることは、スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)が、1部と2部の各クラブが2017-18シーズンに消費することができる最大限度額でも実証された。各クラブの収支からスポーツ以外の出費を減算し、弾き出した、いわゆるサラリ...

キーワード

  • ユーロ
  • バルセロナ
  • レアル・マドリード
  • シーズン
  • クラブ
  • スペイン
  • アトレティコ・マドリード
  • リーガ
  • チーム
  • クリスティアーノ・ロナウド
  • ヘタフェ
  • プロリーグ
  • サラリー
  • サラリーキャップ
  • ネイマール