野球

巨人も阪神も…早実清宮におもねるプロ球団の“大人の事情”

2017年09月27日更新
巨人も阪神も…早実清宮におもねるプロ球団の“大人の事情”
「もしも、ドラフトで1位指名する球団の話を聞きたければ、自分たちからお願いして球団に出向くべきです。球団を自分らの都合で呼び出すというのなら筋違いですよ」 こう言うのはプロ野球ファンの作家・吉川潮氏だ。 去る22日、会見でプロ志望を表明した早実の清宮幸太郎内野手(3年)。いつしか清宮サイドが獲得を希望する球団と面談を行うという話が浮上し、ラグビーのヤマハ発動機で監督を務める父親の克幸氏が「タイミングが合えば」とプロ球団との話し合いに同席する意向を示した。 それでもプロ側の“清宮フィーバー”はヒートアップする一方。清宮がプロ入りを表明したその30分後、阪神の四藤球団社長が真っ先...

キーワード

  • 清宮
  • プロ
  • ドラフト
  • ファン
  • 小池秀郎
  • ヤマハ発動機
  • ポスティング
  • 野茂英雄
  • ソフトバンク
  • 王貞治
  • 吉川潮
  • ポスティングシステム
  • スポーツライター