野球

球団内に入札容認論 巨人“清宮1位指名”が菅野に飛び火

2017年09月25日更新
球団内に入札容認論 巨人“清宮1位指名”が菅野に飛び火
巨人が「清宮1位」の方針を固めたようだ。 早実の清宮幸太郎(3年)がプロ入りを表明したさる22日、鹿取義隆GMは「どの球団も上位、1位が多いでしょうね」とコメント。明言こそ避けたものの、球団内では「競合した場合のくじ引き役は監督に務めてもらう」とのコンセンサスができているという。 「巨人は今秋ドラフトの1位候補として、社会人ナンバーワン左腕の田嶋(大樹=JR東日本)、今夏の甲子園で大会新記録となる6本塁打をマークした超高校級捕手の中村(奨成=広陵)も検討していた。清宮に『特A』の評価をする一方、この2人を含めて10人程度の上位候補をリストアップしていたのは、清宮に大学進学の可能...

キーワード

  • メジャー
  • ポスティング
  • 清宮
  • チーム
  • エース
  • 菅野
  • マーク
  • プロ
  • ヤマハ発動機
  • プロ志望届
  • ソフトバンク
  • 松井秀喜
  • 渡辺恒雄
  • 入来祐作
  • 広陵