野球

清宮「意中球団」以外なら入団拒否 早大入学、浪人→米留学も視野に

2017年09月23日更新
清宮「意中球団」以外なら入団拒否 早大入学、浪人→米留学も視野に
会見では表情を少し曇らせる場面もあった清宮 高校野球で歴代最多の通算111本塁打を放った早実の“怪物スラッガー”清宮幸太郎内野手(3年)が22日、東京・国分寺市内の同校で会見し、プロ志望届の提出を表明した。10月26日に行われるドラフト会議の超目玉。史上最多の9球団以上の競合が予想されるが「12球団OKか」との問いには言葉を濁す場面もあった。指名球団によっては入団を拒否するケースもあるのか。早実と早大、清宮家にも近い関係者が内情を明かした。 「私、清宮幸太郎はプロ野球志望届を提出することに決めました。野球に関しては目の前の目標や手の届く夢をかなえることに幸せを感じてきました。小さいこ...

キーワード

  • ドラフト
  • プロ
  • 清宮
  • 日本ハム
  • メジャー
  • ケース
  • 九州共立大
  • 沖縄水産
  • 内海哲也
  • 野球協約
  • 福留孝介
  • 小池秀郎
  • 敦賀気比
  • 日本生命
  • 野球留学